2010年8月16日月曜日

ラマザーン 2

先ほど・・・と言っても、もう2時間近くたつが、朝食(セヘリー)を済ませた。ラマザーン月の朝御飯のことをセヘリーと言う。セヘリーは朝の礼拝時刻が始まる前に済ませないといけない。私の住んでいるハリヤナ州の町だと午前4時半前後までである。

大多数の家庭では揚げ物や甘物、そして果物などが食べられている。インド人曰く、あまり重い物を食べ過ぎると、逆に日中に空腹感が増してつらいとのこと。ただし私の意見は別で、この月には食べれる時に食べられるだけ口にしたほうがベターだと思う。

断食が行われる主な理由は、この一か月間に禁欲的な生活を送り、信仰に励みなさいということらしい。そのため、断食の時間中は、飲食以外にも多くのことが制限されている。


関連記事
インド永住.com 預言者ムハンマド伝

0 件のコメント: